歯周病は予防と早期発見・早期治療が大切です

このような症状があれば、当院までご相談ください。

  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯磨きすると血が出る
  • 歯がグラグラする

歯周病とは?

歯周病は、口内の細菌が原因で歯ぐきに炎症が発生し、歯を支える骨が減少する病気です。
自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに病状が進行するケースが多いです。

歯周病が進むと、歯ぐきから出血したり、歯がグラグラすることがあります。
さらに進行すると歯が抜け落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

歯周病は、日本人が歯を失う主な原因の一つです。
また、最近の研究によると、歯周病は糖尿病、心疾患、誤嚥性肺炎、認知症などの全身疾患のリスクを高める可能性があることが明らかになっています。

歯周病の原因は?

プラークの蓄積

口内に常に存在する細菌は食べ物の残りかすと結合してプラークを形成します。
このプラークが適切に除去されない場合、歯肉炎を引き起こし、時間とともに歯周病に進行することがあります。

歯石

プラークが硬化して歯石になると、さらに多くのプラークが蓄積しやすくなります。
歯石はブラッシングだけでは除去できず、歯科の専門的な処置が必要です。

喫煙

喫煙は歯周病のリスクを高めることが知られており、喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病になりやすいと言われています。

糖尿病との関連

糖尿病患者は歯周病になりやすいと言われており、歯周病は糖尿病の管理を困難にすることもあります。

全身の健康状態

ストレス、ホルモン変動、栄養不足、特定の薬の使用など、他の健康状態や生活習慣も歯周病リスクを高めます。

歯周病の進行

歯肉炎

初期段階では、歯ぐきにのみ炎症が生じます。
歯ぐきの腫れや歯磨き時の出血がみられます。
治療としては、プロフェッショナルなクリーニングと日々の口腔衛生の向上が重要です。
定期的な歯科検診によるプラークと歯石の除去が効果的です。

軽度の歯周炎

歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨の減少が始まります。
歯ぐきの後退や出血が見られます。
治療にはスケーリングとルートプレーニング(歯石とプラークの除去、歯根表面の滑らかな仕上げ)が含まれます。
必要に応じて、抗菌薬の使用も検討されます。

中度の歯周炎

歯が動揺し始め、歯ぐきの腫れや膿の発生が見られます。
この段階になると、さらに進んだスケーリングとルートプレーニングが必要です。
歯周外科手術が必要な場合もあります。

重度の歯周炎

歯が自然に抜け落ちるリスクが高まります。
治療としては、深い歯周ポケットの清掃、必要に応じて歯周外科手術、および歯の固定や再構築を含むことがあります。
重度の症例では、歯を抜くことが必要な場合もあります。
抜歯になってしまった場合には、歯を補う治療が必要です。

歯周病治療の流れ

検査

歯周ポケット検査

歯周病の進行度を判定するために、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)の深さを測定します。
ポケットの深さが4mm以上、または刺激による出血がある場合、歯周病が進行している可能性が高いです。

レントゲン検査

歯槽骨の減少状況を評価し、歯周ポケットの深さや広がり、歯根表面の歯石の有無を確認します。

カウンセリング

現在の状態と治療プランについて、丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。 ご同意いただけた場合は治療をスタートいたします。

初期歯周病治療

ブラッシング指導

適切な歯磨き方法を指導し、効果的に汚れを除去できるようにします。

スケーリング

歯科衛生士がスケーラーを使用して歯石を除去します。

縁下歯石の除去

歯周ポケット内の歯石や感染組織を取り除き、歯周病の進行を防ぎます。

進行した歯周病の治療

フラップ手術(歯周外科治療)

中度以上の歯周病に対し、歯ぐきを切開して歯の根に付着した歯石や感染組織を取り除きます。
歯周ポケットの深さを改善し、汚れの再蓄積を防ぎます。

メンテナンス・定期管理

歯周病予防の基本は、ご自宅での適切なブラッシングです。
デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、プラークをしっかり落とすようお手入れしましょう。

また、ホームケアだけでは、プラークや歯石を完全に落としきることはできません。
定期的に歯科検診を受診し、歯科のプロフェッショナルクリーニングを受けるようにしましょう。

アクセス
MENU
TOPへ